音楽療法とは

音楽を専門的に用いて心身の状態をよりよくする(または維持する)アプローチです。受けられる方の状態によって様々な目的で行われます。

例として、コミュニケーション力や社会性を向上する、心理的な安定を促す、生活の質を保つ、身体的リハビリテーションの一助とする、などがあげられます。聴くだけでなく、歌う、楽器を演奏する、動く、創作するなどいろいろな方法が使われます。音楽ならではの情緒的満足感や楽しさが動機となるので、無理なく受けられることも特長の一つです。

音楽療法を受けたい方へ

 

おとむすびでは、ニーズに応じて音楽療法を実施しています。

詳細はお問い合わせフォームからご連絡ください。

音楽療法士の方へ

 

おとむすびでは年1,2回程度、音楽療法士に向けたサポート「MTナイト(ピアスーパービジョン)※」の実施を予定しています。

「What's new?」でお知らせしますので、参加ご希望の方は問い合わせフォームからお申し込みください。

 

※実践している仲間同士で行うグループスーパービジョン。参加メンバーの多様な意見に触れることで視点が広がり、問題解決の糸口になることが期待されます。またサポートされる経験、サポートする経験は、セラピストとしての資質の向上につながります。

  

 

音楽療法士として活躍中の方へ 

 

この企画は終了いたしました。
ご参加ありがとうございました。